早期リタイヤ支援プロジェクトFIAR 口コミで評判の最新ビジネス?!

投資・FX・暗号通貨

こんにちは!

ななしーです。

今回気になった「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」

広告をみると、

・必要なものはスマホ1台

・月50万円のスマホ収入が目指せる!?

と宣伝していますが、本当にスマホ1台で月50万円の収入を目指せるのでしょうか?

 

今回は「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」について色々と調べてみました。

この記事は

☑早期リタイヤ支援プロジェクトに興味がある
☑早期リタイヤする方法が知りたい
☑お金を稼ぐ方法を知りたい

という人に向けた記事です。

この記事を読むと、

「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」の仕組みが明らかになり、

このプロジェクトに参加すれば本当に早期リタイヤできるのか?

が分かります。

それではいってみましょう!

 

早期リタイヤプロジェクトFIRE公式サイトの内容

公式サイトを見たのですが、要約すると・・・


 

日本人の多くは労働者として体を動かす事でお金を稼ぐという考えが染みついてしまっていますが、早期リタイヤ支援プロジェクトFIREは働かずしてお金を生む仕組みづくりをお手伝いいたします。

具体的には毎月50万円の配当収入の仕組みをご提案させていただきます。

知識や難しいスキルを必要としない、言ってしまえば方法さえ知れば誰でも簡単にできてしまう。

早期リタイヤを本気で目指した投資家たちが立ち上げたのが早期リタイヤ支援プロジェクトFIREです。

この経験や方法を、より多くの人にも体験してもらうため、早期リタイヤを実現させたプロの投資家と同水準の収入をより簡単に獲得できる仕組みを確立し、お伝えしています。


 

というような内容でした。

どのように収入を得るのかはどこにも書いておらず、

より詳しい内容は、

セミナー

に参加してご確認ください。

と、セミナー参加を促されます。

登録はLINEにて促されます。

ななしー
ななしー

とりあえず登録して、セミナーに参加してって事なんですね!

早期リタイヤ支援プロジェクトFIREのWebセミナーの内容

セミナーの概要としては、

・氏名
・電話番号
・メールアドレス
・セミナーの希望日程

を入力し事前に申し込みし、ZOOMで行われます。

そして、2つの稼ぎ方を提案されるそう。

①FIREサロン

・ビットコインFXの自動売買ソフト
費用50万円
※上位版があり、+19万8千円

➁FIRE配当クラブ

・暗号資産「Dropコイン」
初期費用:1PT/1円

ななしー
ななしー

ビットコインとか暗号資産とか、よく分からないなぁ。

猛勉強しつつ徹底リサーチしていきます!

稼ぎ方について、もう少し詳しく掘り下げていきましょう。

「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」の稼ぎ方はビットコインFXと暗号資産

ビットコインFX

Webセミナーで1つ目に提案される稼ぎ方が「FIARサロン」

FIARサロンはビットコインFXで収益を目指すものでした。

ななしー
ななしー

聞きなれない方も多いのではないでしょうか。

FX(外国為替保証金取引)というのは、外国通貨の交換(売買)を通じて利益を狙う取引のことです。

たとえばアメリカでお金を使う場合、両替所などで日本円を米ドルに交換しますが、この交換が外国為替そのものといえます。

引用FXとは?基礎知識│初心者にもわかるFX投資 | 外為どっとコムのFX (gaitame.com)

「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」で扱うビットコインFXとは、ビットコインの価格変動を利用して、その差益で利益を狙うという内容みたいですね。

ビットコインは、暗号資産(仮想通貨)の代表格として知られています。

身近にある電子マネーとの違いを見てみると・・・

引用先【初心者向け】ビットコインとは?仕組みをわかりやすく解説! | Coincheck(コインチェック)

電子マネーは円のかわりなので、みなさん身近に感じられると思います。

暗号資産は、法的通貨ではないので銀行などを介すことなくやり取り出来る仕組みがあり、さらに価値が大きく変動する傾向にあるんですね。

要するに、ビットコインは安い時に買い、値段が上がったら売って、その差額で稼ぐわけです。

ですがビットコインの市場は常に動いているので、当然のことながら買った時の値段より下がることもあるのでFXトレードは損をするリスクもあります。

このように、投資に絶対はないのです。

ではどうやって「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」は、月50万円のスマホ収入を目指せているのか。

調べていくと、FIREにはAIを使ったシステムがあり、そのAIが独自で分析してビットコインFXの取引のベストタイミングを教えてくれるのだそう。

FIREシステムは価格がいつ上がるのか、下がるのかを予測できるため、投資初心者でもプロ級の利益が狙えるとありました。

さらに、投資経験やスキル、専門的な知識は求められないので、かなり参加しやすいとの意見も。

実際に利益の受け取りまでの流れは

①WEBセミナーに参加して配当収入の仕組みを受け取る

➁5分程度で仕組みの初期設定を完了させる

③翌日からスマホに毎日のように配当収入受け取りのお知らせが届く

④メールをタップするたびに数千円~数万円の配当をゲット!

 

ななしー
ななしー

これはかなりすごいですね!

何の知識がなくてもスマホをタップするだけでお金がゲットできるなんて、本当なのでしょうか?

 

FIREからのメール(FAIRアラート)が、その時の市場の状況に応じて取引のベストタイミングを教えてくれるということみたいですね!

つまり、「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」は「投資判断」について助言してくれる立場にあり、投資助言業務にあたるということが言えそうです。

投資助言対象となる有価証券の種類、銘柄、売買のタイミング等まで踏み込んだ助言を行い、対価として報酬をもらうのであれば、金融商品取引法下の「投資助言業」に該当するものと考えられます。

引用先投資助言業とは « 金融商品取引法・許認可・企業法務コンサルティング (izumigyousei.com)

ということは、投資助言(代理)業として金融庁に登録をしているのでしょうか。

金融庁 免許・許可・登録等を受けている業者一覧

調べてみたところ、「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」は金融庁への登録はありませんでした。

登録のない業者は、「投資に関する助言」は禁止されています。

また金融庁のホームページにも無登録の業者への注意喚起がありました。

ななしー
ななしー

悪質な業者による詐欺被害も実際はあるのだと思いますが、微妙なラインだったり被害を訴える人が少ない業者も多く混在しているのかなと予想しました。

金融庁も把握しきれない部分なのかなと思います。

 

いずれにせよ、参加を検討するときには事前に知っておいた方が良い情報ではあると思います。

さらに上位版として「FAIRサロンNEO」というのが存在しており、新たに19万8千円支払うと参加可能。

内容としてはFXの自動売買ソフトで、最終的には「ビットコインFX」と「FX」の両方で利益を得ましょうと勧誘されるのだそうです。

暗号資産

続いて、2つめの稼ぎ方は「FIAR配当クラブ」

暗号資産「Dropコイン」で収益を目指すものでした。

Dropは5円で上昇する事が確定しているそうで、1枚1円で購入可能とのこと。

つまり、購入した分の金額がほぼ間違いなく上昇したタイミングで5倍になるということです。

ななしー
ななしー

ご、5倍!?

上昇するタイミングを狙って、保有する仮想通貨(Dropコイン)を売却すれば大きな利益が狙えるみたいです。

Dropは世界中の投資家から大きな期待を受けている仮想通貨で、上場後は価格が高騰し需要が伸びると考えられているからなのだそう。

でも、投資に絶対はないのです。

もし上場せずそのまま仮想通貨を保有し続けていると、暴落等の段階で利益が大幅に減少して損失に変わる恐れもあります。

また「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」の公式サイトによると、今回の仮想通貨であるDropコインの取引所は、ビットキャッスル(bitcastle)というところ。

 

金融庁が公表する暗号資産交換業者登録一覧にて、国が安全性を確認した取引所かどうかが分かります。

この一覧には、今現在記載がありませんでした。

まずは安全性を確認してから検討してみた方が良さそうですね!

 

「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」のWebセミナーに参加するともらえる豪華3大特典の内容が微妙

①Webセミナー参加前特別講義

「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」のWebセミナーに申し込むだけで受け取れる動画。スマート配当収入のテクニックを先行公開してるみたいです。

➁Amazonギフト最大1万円獲得権利

Webセミナーも無料なのに、さらに参加した人にはAmazonギフト券最大10000円分無料プレゼント!?

と思いましたが、調べてみるとそうではなく「獲得権利」です。

Amazonギフト券目的でWebセミナーに参加する場合は、具体的な受け取り方法などをあらかじめ聞いておいた方がいいかもしれません。

獲得する権利にまで至らない人の方が多いような気がします。

③オリジナルWeb収入カタログ

「スマホ1台ではじめるWeb収入カタログ」なるもので、このカタログがあれば初月から即金10万円が稼げるそう。

甘い話には必ず裏があるということは、おさえておいた方が良さそうです。

 

早期リタイヤ支援プロジェクトFIREは信用できる?特商法表記を検証

特商法は、商品やサービスを販売・提供する企業の情報が記載されたもので、企業が信用できるのかを把握する目安となります。

が、今回早期リタイヤ支援プロジェクトFIREの特商法表記を確認することが出来ませんでした。

「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」の企業概要のサイトにて確認されたのがこちら。

 

2021年12月に設立とありますが、結構最近なのですね。

ちなみに、サイトでは社員の募集をしているみたいで、募集要項をチラッと覗いてみると・・・

 

時給1000円でサポートスタッフを1人募集していました。

仕事内容のところに、「投資で800万円以上稼いだ経験がある方」とありますよね。

こんなに稼いでいる人が、時給1000円以上という条件の会社で働くでしょうか。

ななしー
ななしー

時給1000円で働くなら、投資に時間を費やしていた方が稼げる気がします。

早期リタイヤプロジェクトFIREのナビゲーター加藤浩次氏

ななしー
ななしー

検索したら芸能人の加藤浩次がでてきました。漢字が同じだけど、別人です!

 

早期リタイヤ支援プロジェクトFIREは有名投資家の加藤浩次氏です。

プロサッカー選手を目指してアルゼンチンに渡ったあと、怪我により投資家人生を歩み始めます。

株やFX、仮想通貨投資など数々で才能を発揮し、彼を慕う生徒は8000人以上との噂も!

そんな彼をもってしても早期リタイヤ支援プロジェクトFIREはは「誰でも簡単に利益を狙える」と評判です!

 

引用先企業概要|早期リタイア支援プロジェクトFIRE|口コミで評判最新ビジネス (meet-source.com)

そんな彼ですが、名前を何パターンも変えて活動している事が判明しました。

加藤浩二マネパン 

KOJIポケリッチPROJECT

コージハチプラ

 

すべて同じ人物であり、ほかにも関わっている案件はあるようです。

例えば加藤浩二さんが炎上しても、KOJIさんが炎上してなければ継続的に販売できますよね。

検索逃れをしている可能性が否定できません。

ななしー
ななしー

真摯に一つのビジネスに取り組むなら、名前を変える必要なんてないと思います。

 

 

早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE評判や口コミは?

良い口コミ

「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」の評判や口コミを調べてみると、良い口コミも結構でてきました。

まず公式サイトの体験者の声から。

引用先早期リタイア支援プロジェクトFIRE (early-retirement-project-fire.com)

ななしー
ななしー

公式サイトでは良い事しか書いてないですね!

より詳しく読んでみると、また最終的にLINE登録でセミナー参加を促されます。

・FIREとは何か基本的な部分も丁寧に説明してもらえた
・Webセミナーに参加しやすいようアイスブレイクの場が設けられていた
・FIRE達成に向けて具体的に何から始めればいいのかスライドも交えて教えてもらえた
・早期リタイヤ支援プロジェクトFIREで利益が発生する仕組みをわかりやすく説明してもらえた

引用先https://zooom.jp

早期リタイヤ支援プロジェクトFIREは誰でも手軽に始めることができる素晴らしいビジネスだと言えると思います。

引用先https://net-business-labo.com

実際にWEBセミナーに参加した人は、内容やボリュームが濃いといった口コミが目立ったように感じました。

悪い口コミ

「加藤浩次」や「加藤浩二」、「KATO」や「KOJI」や「コージ」で次から次へと名前をとっかえひっかえ出てくるお方です。

この方が出てきたら、もう詐欺的な案件で決定ですね。

引用先https://kyosuke0704.com

過去案件では起訴が起こっているほどなので、メリットどころは被害に遭う確率の方が遥かに高いでしょう。

引用先https://tatsuya1010.com

 

追記 Dropコイン上場のお知らせがきた

※現在、ビットキャッスル(bitcastle)公式サイトよりにてDropコインの上場予定のお知らせが表示されていました!!!

スクロールしていくと・・・↓↓

上記によると上場予定日時は、2022.12.27の11時頃とあります!
(開発状況により前後する可能性あり)

「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」の運営によると、今後のロードマップに沿ってプロジェクトを進めていく予定となっているようです。

2022年12月
ビットキャッスル(bitcastle)上場
2023年2月
海外の大手取引所3社に上場
2023年3月
国内外へのメディアプロモーション
2023年5月
国内外の取引所3社に上場
2023年7月
運営によるDropの買い上げ

 

どうなるのか、また情報が分かり次第追記していきたいと思います。

ななしー
ななしー

約束通りに上場しても、直後に大暴落というオチがあったら、保有しているDropコインは利益にはなりませんからね!

 

 

まとめ

今回、早期リタイヤ支援プロジェクトFIREの稼げる仕組みがビットコインFXと暗号資産であるDropコインだということが明らかになりました。

AIを使ったシステムが独自で分析してビットコインFXの取引のベストタイミングを教えてくれるというFIREサロン。

また上場が確定している仮想通貨(Dropコイン)で、価格が高騰したところを狙って売却して、大きな利益を得ようというFAIR配当クラブでしたね。

 

投資やFXについて何も知識がなくても、最新のAIが取引のベストタイミングを教えてくれて稼げるなんて、夢のような話です。

しかし今回徹底リサーチしてみると、

・投資助言業務として金融庁への登録がない
・特商法が現時点で確認できず、信用できるのか分からない
・ナビゲーターの加藤浩次がつぎつぎと名前を変えている

などの気になる点がいくつも出てきました。

さらに調べていくと、以前加藤浩二氏の「ARBコインプロジェクト」という企画があり、参加した方が500倍の高騰が見込まれると30万円分のARBコイン購入し、現金換算すると6000円くらいにしかならなかったとの口コミもあり、今回のDropコインと類似しています。

 

魅力的な言葉で何度も勧誘されたら、ちょっとやってみようかな?という気持ちは誰にでもあるはずです。

いまある資産を、投資によって短期間で増やせたらと期待を膨らませるのは決して悪い事ではないですし、私含め多くの人が望んでいることではないでしょうか。

でも、ちょっと立ち止まって注意するべき点がないか見極めることが大切です。

☑大切なお金を支払う価値があるのか
☑取引所が安全なのか
☑運営している会社は信用できるのか
☑口コミや評判はどうか

 

今回の徹底リサーチの結果、

「早期リタイヤ支援プロジェクトFIRE」に参加すると早期リタイヤできるのか?

上記に述べたような怪しい点が懸念されるので、私は参加しないでおこうと思いました。

 

 

長文お読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう!

ななしーでした。

 

 

気になる事、質問等あればお気軽にお問合せしてくださいね!

なるべく早く返信できるよう心がけていますが、もしなかなか返信がない!という場合はお手数ですが再度お問い合わせいただけると助かります。

お問い合わせはこちら→

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました